【英文法】強い雨は strong rain?間違えやすい形容詞たち!

London / UK

 

 

こんにちは、Togoです。

 

 

絵の練習として買った井上雄彦先生の漫画が面白すぎて練習どころか読む方が優先になっております。

 

 

さて、今回は間違えやすい形容詞をいくつかご紹介します。

 

強い雨は、そのまま

strong rain

と表現するのでしょうか?

 

そんな感じの、日本語から直訳したくなってしまう形容詞たちのお話です。

では、いってみましょう!

 

 

間違えやすい形容詞たち!

 

まずはじめに例として出した

強い雨

こちらは strong rain ではなく、

heavy rain 

と表現します。

 

There will be heavy rain tomorrow.

明日は強い雨になるでしょう

 

こんな感じですかね。

強い → strong 

という感じで直訳してしまいそうです。

 

そんな、少し気をつけておきたい形容詞表現を並べてみましょう。

高い鼻

安い給料

渋滞した道

ひどい痛み

青信号

多い人口

 

では一つずつ見てみましょうか。

 

 

高い鼻

long nose

 

high は使いません。

ゾウを想像してしまいそうですが long です。

ただ、日本人にとっては鼻が高いことは褒め言葉なので言いたくなりがちですが、海外ではあんまりいい顔はされないことが多い気がします。

どこで聞いたのかは忘れましたが、元々そういう情報を持っていたのと一歩間違えたらヤバそうだったので、私は留学中はひたすらに洋服や性格面を褒めるように気をつけてましたね。

 

That looks great on you!

その服似合ってるね!

とか、

感心したように

You’re too kind!

ほんっとに優しいね!

といった感じでしょうか。

 

このブログの例文でよく出てくるOakはほんっとに優しいからよく言いました。

 

 

安い給料

low salary 

 

cheap salary も完全な間違いではありませんが、lowで表現します。

そうなると高い給料は high salary になりますね。

 

My salary is pretty low.

給料めちゃくちゃ安いんです

 

His salary is so high!!

彼の給料めちゃくちゃ高い!

 

 

渋滞した道

busy street 

 

完全にインドで覚えた単語です。

どこ行っても混んでて、インド人のオートリキシャードライバーたちがまいっにち

busy!! busy!!

インド懐かしいなぁ。

 

crowded はどちらかというと、ぎゅうぎゅう詰めというイメージになります。

道はあくまでも流れているのが前提にありますので、busy という表現をするわけでした。

 

 

ひどい痛み

bad pain

 

hard pain のように、強い痛みのようなニュアンスで表現したくなりそうですが、bad が使えます。

 

他にも痛みの種類や程度を表現するなら

dull ache 鈍痛

sharp pain 鋭痛

mild 軽い

moderate 中くらいの

severe 激しい

worst possible 経験したことがないほどの激痛

こんなのも使えます。

 

むかーしこんな記事も書いたことがありましたね。懐かしい!

 

 

 

青信号

green light 

 

英語では blue ではありません。

でも正直私は小学生の頃よく文句言ってました。緑じゃん!って。

その頃からすぐ文句を言うクセがあったようです。今でもよく文句を言います。

人はそう簡単には変わらないようです。

 

 

多い人口

large population 

 

この場合は many ではなくなります。

population は「人口」というひとつのくくりとして扱われるので

large が適した表現になります。

 

 

ということで、いくつか間違えやすい英語表現を紹介させていただきました。

言われてみればしっくりきますかね。勘違いして使っちゃいそうだなーというものがあった方、ぜひここで覚えちゃってください。

考えても答えが出ないものは、とりあえず一回暗記してあとから理解していく、しっくりくるように使い慣れていく。

そんな順序もありですね。

 

現在は週一でのんびり楽しく記事を書かせていただいております。

 

 

では、またでーす!

 

 

Togo
  • Togo
  • 3年間のTOEFL猛勉強後にイリノイ大学での留学を経て帰国後は外国人患者受入れ医療機関でもある急性期総合病院に勤務。
    TOEFL iBT勉強法から、留学経験や英語にまつわる様々な情報を発信しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください